完全無穴になった。直腸ガンによるストーマ手術(人工肛門)は想定外。人生初の入院生活と人工肛門(ストーマ)となって退院するまでのてんまつ記。

年に一度の健康診断

年に一度の健康診断

人間ドック

レントゲン写真

一年ぶりに人間ドックへ行ってきました。
病院は前回と同じ病院です。
人工肛門のため胃の検査は
バリュームを飲んでの検査に不安があるため
ストーマになって(約3年10ヶ月)から一度もしていません。

友人や知人は胃の検査も最近は胃カメラで簡単にできるというので
申しこんだのですが、年内は予約が一杯で無理との事。
今回の人間ドック申込みは12月までだから適用されない・・・

よく分からないですが胃は丈夫だと自覚してるので
では「いいです」と他の型通りの検査だけで済ませました。

とはいえ、胃でもなんでも発見は初期に限るわけで
症状が出てからでは間に合わないことが多いようです。

先日、日本相撲協会理事長の北の湖親方(62歳)が亡くなられましたが
死因は直腸がんと多臓器不全だと言われています。

スポンサードリンク

ボクの場合、もうすぐ術後4年になりますが
今のところ異常なしです。しかし、主治医は
5年間は観察したいから、年に一度は検査を受けるようにと言います。

北の湖親方はまだお若いし、相撲協会の要職にあるわけだから
健康診断はちゃんとしていたのだと思います。

詳しいことはわかりませんが「直腸がん」「死」の単語が
なぜか気になりました。治療が手遅れだったんでしょうか(合掌)

さて、冒頭の健康診断ですが一応、大丈夫のようでした。
目は眼圧が高いと言われ、4年前から目薬を差していますが許容範囲でした。
前立腺がんの方はリュープリン(女性ホルモン)注射を
つづけているためPSA値も1〜2程度に下がっております。

リュープリンは良く効くようで
体重も増え、女性化し脂肪が増えつつありますが
これから冬を乗り切るには丁度いいかもしれません。

次回の病院は1月の前立腺検査(リュープリン注射)
2月の丸4年経過時での直腸がん定期検診です。

スポンサードリンク



多臓器不全とは

◆多臓器不全とは、生命を維持するために必要ないくつかの臓器が正常に機能されなくなっている状態のことをいいます。障害の重さにもよりますが、「中枢神経系、循環器系、肺、肝臓、腎臓、消化器系、凝固・線溶系」の7つのなかで、どれか2つ以上の臓器の昨日が不全であった場合に「多臓器不全」といわれます。 ◆「多臓器不全」の原因 多臓器不全の原因はさまざまですが、主に次のものが挙げられます。 ・心不全 ・DIC ・感染症 ・外傷 ・出血 ・火傷 ・膵炎 ・腎不全 なかでも感染症と外傷、低血圧が多いのが特徴です。とはいえ、これらの状態が単独で作用するのではなく、いくつか重なって発症するといわれています。多臓器不全の生存確率は高くなく、治療後であっても15%未満です。特に多臓器不全のなかでも、3つ以上の臓器に問題があった場合は、早急に適切な処置が行われない限り、生存確率はほぼゼロであるとされています。 病気の進行具合によっても変わるので一概にはいえませんが、生存確率が低く難しい状態であることは言うまでもありません。 ◆「多臓器不全」の症状とは 多臓器不全では、敗血症や菌血症などが発展して発症することが多いです。北の湖理事長が亡くなった当日に貧血を訴えたというのも、これが症状のあらわれでしょう。血圧が不安定になったり、血中の酸素が足りなくなることから、様々な臓器に悪影響をおよぼします。めまいや失神、全身の痙攣(けいれん)などがみられることもあります。 ◆「多臓器不全」の治療法 「多臓器不全」の治療は、ひとつの臓器に対して治療をします。とはいえ、それではひとつの臓器の治療を終えたときに、別の臓器が悪化してしまう可能性があります。こうなると治療な治すことそのものが難しくなるため、多臓器不全になる前の全身性炎症反応症候群での早期発見が重要とされています。救急医療と集中治療室(ICU)が必要です。

出典:北の湖理事長が死去。直腸がんによる「多臓器不全」とはどんな状態なのか? http://news.goo.ne.jp/article/mocosuku/life/mocosuku-20151124195534301.html

スポンサードリンク

                       ⇒ ストーマ 外来 トップ

a:1200 t:1 y:0

コメント

  • はじめまして

    はじめまして。ストーマ情報を検索していてこちらを見つけさせていただきました。色々な情報をありがたく拝読させて戴いております。ストーマを持つことになってまだ2ヶ月で、ストーマの取り替えやトイレでのガス抜きなどまだ慣れませんが、だんだん慣れるものだと心がけて日々仕事しながらストーマと付き合っている50才です。完全無欠さんの記事、ストーマのお手入れ方法のイラストがきれいで感心しました。これからも学ばせて戴きます。


  • Re: 閲覧ありがとうございます。

    >>1
    コメントを見るのが遅くなって失礼しました。もうすぐ4ヶ月になりますね。ずいぶん慣れたことと思いますが、ひょっとして一段落した今頃が一番いろいろ今後の生活など考え、悩まれている頃かも知れませんね。再構築か永久ストーマかは分かりませんが前向きに考えてお過ごしください。ぼくは永久ストーマですが、この2月でちょうど4年経ちました。年に一度の検査をしてきましたが異常なく、また1年後に検診と言われています。最近はホームページの更新も少ないですが、4年前から [[ストーマ設置写真>http://stoma.biz/index.php?ストーマ%20写真]]も掲載しています。ひとの手術後はどうだろうという思いから自分のを掲載すれば誰かのお役に立つかも知れないと載せてみました。それではまた、たまに覗いてみてください。コメントありがとうございました。



認証コード8571

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional