完全無穴になった。直腸ガンによるストーマ手術(人工肛門)は想定外。人生初の入院生活と人工肛門(ストーマ)となって退院するまでのてんまつ記。

眼圧 その後

眼圧 その後

目が赤い、痒いので眼医者へ行きました。



一昨年の暮れに飛蚊症の症状が出て目医者へ行ったら

眼圧が高い、緑内障になる可能性がある。

緑内障からは、失明になる場合もあるから要注意と言われました。

それから、1年と8ヶ月たちました。



今回は数日前から目が痒いのと、なんだかゴロゴロする、まではいかないものの

上まぶたに違和感があり、ちょうど3ヶ月検診でもあったため

暑い中、眼科で調べてもらいました。



目が赤いのと痒いのはきっと目薬の副作用だと思う

まぶたをひっくり返したりしてレンズで診てましたが

タプロスという目薬の副作用かもしれない。と

眼科の先生は言われました。

三種類の点眼液のうちの一つです。

結膜炎の可能性もあるとも言ってました。



しかし、眼圧は下がっていました。

一昨年は両眼とも30越えくらいの数値だったんですが

今回は13と14になっていました。この数値なら失明は免れそうです。

ちなみに三ヶ月前は20と17でした。


スポンサードリンク


やはり両目とも10以下にしたいから同じ目薬をまた三ヶ月出します。

11月に予約して来てください。その時には視野検査も行いましょう。



今回の眼科での診察ではこんな感じでした。

「この程度の痒いのはガマンしてください」

「市販の目薬を買って差さないように」とも言われました。



大船田園眼科はいつも混んでますが

8/7〜8/17まで夏期休業だったせいか、いつもより混んでました。

本日の診察では

「ガマンしてください」?。それだけ?、

スポンサードリンク

そのあと、先生は忙しそうにモニターのカルテや画像を見ながら

パソコンにブツブツしゃべっていました。

「Siri ですか?」の問いに「音声入力だけどSiri ではないです」

「忙しくてキーボードなんか打ってられません」と言ってました。

確かに音声入力はラクだ。

ぼくはいつも、女先生に診ていただくのですが

今回は男先生。女先生のご主人か息子さんのようでした。

やっぱりいつも診ていただく女先生の方がいいな、と思いながら

向かいの薬局で三種3ヶ月分の目薬を受け取って眼科は終了。

眼科 薬局



診察から二日たちました。

先生が副作用かも知れないと言っていたから、自己判断でこの二日点眼を止めてみました。

なんとなく眼の痒みと赤味も少なくなってきた気がします。

やっぱり、「ガマンしてください」が効いたのでしょうか。

やっぱり、あの先生は、眼医、迷医、名医・・・だったようです。



9月に入ったら、次は前立腺のPSA数値検査です。

こちらの数値も下がってくれればいいなと思っています。



スポンサードリンク

                       ⇒ ストーマ 外来 トップ

a:2501 t:2 y:3

コメント


認証コード0732

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional