完全無穴になった。直腸ガンによるストーマ手術(人工肛門)は想定外。人生初の入院生活と人工肛門(ストーマ)となって退院するまでのてんまつ記。

2012年9月20日 ストーマになって初の健康診断(にんげんドック)

2012年9月20日 ストーマになって初の健康診断(にんげんドック)

人間ドック(にんげんドック)とは、自覚症状の有無に関係なく定期的に病院・診療所に赴き、
身体各部位の精密検査を受けて、普段気がつきにくい疾患や臓器の異常や健康度などを
チェックする健康診断の一種。とwikipediaに書いてある。

クリニック-L

きょうは横浜にある新赤坂クリニックの横浜店という感じの横浜北幸クリニックへ受診に行って来た。
一日ドックという名前のコースだった
※企業の健康保険で受けられるコースで料金は基本の5000円だった。
※横浜北幸クリニックのホームページを見ると日帰りコース(一日ドック)57,750円とある。

スポンサードリンク

朝、9時に来るように言われていたが
パンフレットの8時半から受付、とあるのを見て
病院通いも慣れてきたつもりで、
きっちり8時40分に受け付けへ入った。

早いほうだろうとクリニックのドアを開けて驚いた。
すでに、30〜40人が診察着に着替えて座っていた。
病院も慣れているからの考えはあまかった。

それにしても世は健康時代だ。
ドックがこんなに混んでるとは知らなかった。
看護師さんや受付にも係員がたくさんいてこのクリニックは流行ってるようだ。
ロッカーで着替えて順番を待ち、各種検査をしていただいた。

面接診断で2月にストーマ手術をした経過を話し
胃の検査でのバリュームと排泄の事を聞いた。
担当の女先生の話だと、まだ術後半年しか経っていないし、
恐らくストーマ手術の時に、ほぼ全身の診断とチエックをしているはずだから
バリュームを飲む胃の検査、今回は止めましょう、と。
バリュウムは粘着力も強いし、固まるのも早いし、人工肛門の場合、面倒かも知れないから。

従って胃の検査なしで約2時間。11時過ぎには終了。
受付で手続きを終えると、1000円の食事券をくれた。

食事券をいただいて思い出したが
20年ほど前に、この新赤坂クリニックの赤坂と横浜へは数回来たことがある。
その時も、終わると1000円位の食事券をもらった。
友達と同行し診察を終えて、バリュームを早く出さなきゃ、とビールを飲んだ記憶がある。
一本ぐらいじゃダメだろ、と昼間から酔っぱらったことを思い出した。

きょうは一人での受診だし、まだ11時だ。
ビールを飲むのはやめて駅のドトールでコーヒーを飲んで電車に乗った。

診断の結果は2週間くらいで出るらしい。
郵送で送っていただくようにお願いしてきたので
結果が出たら、また記そうと思う。

スポンサードリンク

                       ⇒ ストーマ 外来 トップ

a:5854 t:4 y:7

コメント


認証コード5769

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional